これ僕が弁償するんですか?

前にバイトをしていた飲食店で、1ヶ月で辞めてしまった男の子がいた。そのバイト先は割とホワイトで、あまり1ヶ月で辞めてしまうような子はいなかったし、彼は色々やらかしてくれたのでよく覚えている。


先に少しだけ情報を整理しておくと、彼は大学一年生で、たぶんはじめてのバイトだった。そしてわたしのバイト先はある駅の中にある飲食店だった。ちょっと前まで人が多すぎるくらいだったのに、ここのところ人手が足りなくて(特に忙しくなる土日のランチタイム)新人さんを大量に雇っている状態だった。また、カフェにありがちな話だけど男の子はいつもひとりふたりいるかいないかだった(従業員はぜんぶで30人くらいで、社員は店長だけ)。


彼を雇ったとき、店長に「今度の子はどんな子なんですか?」と聞いたら「今度の子は大丈夫だと思う! めちゃくちゃ真面目そうな子だよ」と言った。その時点でわたしはちょっとイヤな予感がしていた。

うちのお店でバイトがやってはならないことの最上位「入店証をなくす」というのを当時三人いた男の子のうち二人にやられてから、店長は「わたしは男を見る目がない」と口癖のように言っていて、「真面目な子」を選ぶようになった。でも店長の言う真面目な子は大体において愚鈍で暗いだけの子で、べつに真面目なわけじゃないのだ。たしかにチャラくはないけど、仕事はできないしそれを悪びれない。たぶん飲食店向いてないんだろうなって声音の子たち。「いらっしゃいませ」がすでに暗いし、テキパキ動くとか気を利かせるとか、そういうことをしてこなかった子たち。

そして、やっぱりその子もそうだった。


彼が入ってきてから1ヶ月のうちにやった「やらかし」のうち、4つを並べて記述してみる。

まず、うちのお店にはシフトの5分前にはお店にいなければならないというルールがあって、だいたいのバイトは10分前には到着しているのだが、彼はシフト開始とほぼ同時に到着する。このルールはたしかに給料の発生してない時間を拘束しているという意味でアレなのだが、そのアレを飲み込むことで時間通りに上がることが確約されているのでバイトの多くは疑問に思っていなかった。最初はそれを飲み込めない子がいるのも確かだが、2回くらい出勤すれば他の人の様子を見て5分前には来るようになる。けれど、彼は注意されてもそれが直せなかった。その時点で、けっこう、彼は疎まれていた。

次に、彼は「土曜のランチに入ります」という約束で入ってきたのだが(その時間が特に人手不足だったため)、その時間は一週間の中で最も忙しい時間帯だ。店長のいう真面目な子が愚鈍な子である場合が多いとは先に書いた通りだが、彼はその中でもけっこうレベルの高い愚鈍さで、彼がいる間の土曜のランチは壊滅状態だった。その件で、詳しくは忘れたけど店長に呼び出されて注意されていた(そういうことはうちのお店ではほとんどなかった)。

そして、これが彼に関する評判を決定的に下げたものなのだが、彼はオキャクサマにアイスコーヒーをかけてしまった。わたしたちは最初の研修でオキャクサマに飲み物をかけてしまったり服を汚してしまったりしたときは、自分が悪くなくても「申し訳ございません」と言ってバイトリーダーを呼ぶことになっているのだが、そのときに彼が言ったひとことは「これ僕が弁償するんですか?」だった。あいつ、やばい、という話が瞬く間に店の中に広まった。

ここまでくると彼に評判もくそもなく、「ああ、あのやばい新人さん」という共通認識が生まれるのだが、彼はその一週間後くらいに、入店証を悪用して電車に不正乗車したことがバレた。故意ではない、ということになっているのでお咎めなしだが、故意が認められたらクビどころか犯罪だ。


結局、彼はそのあと二回ほど「大学の都合で出られなくなったので」とシフトの変更を願い出て(代わりは見つからなかったのでたぶん店長が出勤してサビ残を増やした)、その2週間後くらいに「僕には向いていなかったので皆様にご迷惑をおかけする前に」みたいなことをLINEグループで言って辞めた(わたしもそのLINEグループを抜けてしまったので正確なことは思い出せない)。


彼は、圧倒的に仕事ができなかったし、たぶん飲食店に向いていなかったし、しかも入店証を悪用してるんだから「真面目」だとも言えないと思う。

でも、うちのお店から押し出された彼は、どこに行ったんだろう? 彼はどこでなら働けるんだろう? 彼の性根がこれから「真面目」になることはあるんだろうか?


わたしたちはときに人に対して「まじ仕事できない、いない方がマシ」と言う。わたしもそういうことを人に対して思ったり言ったりすることが結構多い。でも、その仕事ができない人だって、生きてかなきゃならないわけで、生きてこうとすると労働が必要なわけで、そしたら彼はどこかの職場で疎まれ続けなきゃならない。彼は望んで仕事ができない身に生まれついたわけでも、望んで労働しなきゃ生きていけない世界に爆誕したわけでもないだろうに。


昨日、相模原の事件のニュースを見てなんだか鬱々とした気分になった。生きてていい人と生きていては駄目な人が分断される社会。それは生産性の話であって、この資本主義社会においては、仕事ができる人と仕事ができない人とが分断される社会だろう。

その社会のひずみがこうやって相模原で凶刃となってあらわれたり、京アニを燃やしたりしたんだろうか。


仕事ができない人は、どこに行くんだろう。うちのお店をやめて、彼はどこでバイトしたんだろう。彼は大学を卒業したら何になるんだろう。どうやって労働してどうやって生活してゆくんだろう。


彼が飲食店に向いてなかっただけで、総合職としてバリバリ働いてるところとか、スポーツで大成功しているところとかを想像しようとしたけれどうまくできなかった。

そういえばわたしは彼の名前も思い出せない。


2020.1.8.

スズキアイコ